忍者ブログ
Admin / Write / Res
るっとる
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




国際人道法の下での民間人が自分の国の武装勢力のメンバーではない人です。長期的にも頻繁に口語では、特定の職業や職業、しばしば階級構造のこれらの部隊と同様の使用法執行機関、特にでのメンバーではない人々に参照するために使用されます。 
国際赤十字委員会1958解説のIVジュネーブ条約に相対的に保護文民に時間戦争第4.4の状態は、"[メールで]を敵の手に非常に人の国際法の下にいくつかのステータスを持つ必要があります:彼はどちらか囚人だ戦争と、のような、第三条約によって覆われ、民間の第4回大会、あるいはまた、誰が最初の条約によって覆われている武装勢力の医療関係者のメンバーによって覆われ存在の中間の状態です。誰も敵の手法の外にすることができます。我々は、これは満足のいく解決策 - だけを念頭に満足していない場合、感じるだけでなく、すべての、満足のいくビューの人道上の観点から、上記"[1]赤十字国際委員会の意見を表明していること"もし、民間人を直接戦闘に、彼らは'考えられている'または'特権'戦闘違法または交戦(明示的にこれらの用語が含まれていない人道法の条約)彼らは、拘束状態の国内法の下でそのような行動です。起訴される可能性があります従事"[2]。 
第50条第二章:"市民と市民人口"議定書の私は、ジュネーブ条約に追加では、民間人の特権を持つ戦闘されていない定義します。第51条の民間(限り、特権を持たないが、戦闘員)と民間の人々に与えられなければならないの保護について説明します。第三章プロトコルの私は規制は、民間のオブジェクトのターゲット。第8条(2)(b)項(i)は、ローマ規程は、国際刑事裁判所はまた、民間人に対する攻撃を禁止している。ていないすべての国I、またはローマ規程議定書を批准して、それは、国際人道法の承認の原則ですが、直接、民間人を標的に、戦争の慣習法に違反され、結合され、すべての交戦した。 
国際海事法、航空法では、区別の下で乗組員とその兵士と民間人の戦争の法律の下に似ている乗客の間で行われます。自分の市町村の法律、政府の下では人は、緊急サービスのために働く除外するために、時々これは、緊急サービスのメンバーがありますから民間人であるの定義を拡張することがあります以上の追加の法的権限およびそれらの普通の市民に利用上の必要があります。

 

 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
[03/04 CamposMarylou29]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©   るるっとれーる All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]